「任意整理」とは、簡単に言えば、借金の利息や毎月の支払額等を、弁護士や司法書士に個人で依頼して、減額等の交渉をしてもらうことです。

サラ金でお金を借りて返すアテがなくなってしまった場合に、個人では応じてくれないことが多い為、このような交渉をしてもらいます。任意整理は、裁判所などの公的な機関を利用しません。

悪質なサラ金業者の大半は、金利を多く搾取している場合があります。
これは利息制限法の上限金利を越えていることになりますので、弁護士が調べて計算すると明るみに出るケースが多いです。そこで、債務を減らせることが出来ます。

また、サラ金業者との返済取引が5年以上続いている場合は、債務がなくなることもありますので、その場合は、払いすぎたお金(過払い金)が発生していることがあります。

この過払い金は、任意整理をして金額が大きくなっていた場合、サラ金業者から逆にお金を取り戻せるかもしれません。

任意整理の良い点は、上記のように過払い金の回収が可能になったり、個人で行う為いちいち裁判所に行く必要がないことです。

更に将来払うはずだった利息も任意整理によりカット出来る場合があります。また、悪い点もあり、過払い請求をした業者からはブラックリストに載る為、今後借入が不可能になります。

広告