ご利用額の1%OFFや映画 割引、ポイントサービスなど6つのおトクが魅力なクレジットカード「P-Oneカード」のポケットカードについてです。

ポケットカードの正式社名は、「ポケットカード株式会社」です。1982年に、「株式会社ニチイ・クレジット・サービス」として設立されました。

1994年に、社名を「マイカルカード」に改称しました。その後、マイカルの経営破綻を見越し、2001年4月に三洋信販へ売却されます。同年12月には、社名が現在の「ポケットカード株式会社」と変更されました。

2003年には、伊藤忠商事と資本提携を行い、ファミマクレジット事業にも携わります。

さらに2007年、三洋信販とプロミスが再編されたため、ポケットカードはプロミスの連結子会社になりました。2008年には、三井住友銀行からの出資を受けています。

このような経緯から、現在の主要株主は、三井住友銀行、伊藤忠商事、ファミリーマートとなっています。

ポケットカードの2012年二月末現在の会員数は、約500万人に上ります。

クレジットカードの主力はmaster cardですが、三井住友カードのVISAや、株式会社ジェーシービーのJCBカードなども発行しています。

また、伊藤忠商事と業務提携を行い、ファミマTカードでの会員拡大を図っています。ファミリーマートは全国に9000の店舗を持つことから、さらなる躍進が期待されます。

ポケットカードの特色は、「請求時1%割引特典」です。これは、ポケットカード加盟店、あるいはmaster 、VISA 、JCB加盟店でカードを利用した場合、その金額の1%が割引になる制度です。

この特典は、公共料金の支払いにも適用できるため、非常にお得です。他にも、カードの利用金額に応じてポイントがたまり、商品と交換できます。

また、「ポケットカード トラベルセンター」で旅行の予約をすると、代金の3%から5%が割引になるサービスもあります。

利用代金の割引制度や、ポイント制度が魅力のカードといえそうです。

広告