債務整理に関してです。

現在日本には、多重債務者が約300万人近くはいると言われています。多重債務者の中には、自殺をしたりする人や、夜逃げをする人もまだまだ多いと言えます。

多重債務者の中には、借金の整理をする人はまだほんの一握りです。

いくら借金があっても、法律で整理出来ない借金は存在しないので、一人で悩まずに弁護士や司法書士に相談する事が良いと思います。

まず債務整理は、言い換えれば借金を整理する事です。つまり、債務整理とは法律を使って借金を整理する事です。

次に、債務整理と一言で言っても自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などの整理方法があります。

それぞれの債務整理にはメリット、デメリットも存在します。例えば自己破産であれば全ての借金が一切免除されたり、過払い請求も可能だったり、個人再生の場合は、住宅ローンがあっても自宅を手放さなくてよかったり、自動車や保険も処分されない等と言ったメリットがあります。

逆にデメリットとしては、やっぱり金融機関のブラックリストに乗る事だと思います。

このブラックリストに掲載されると、新たに借り入れやローンを受ける事が出来なくなります。これが債務整理を行った後の一番のデメリットだと私は思います。

債務整理は、借金を減額、あるいは免除されたりとメリットもあると思いますが、それに伴うデメリットも必ずあると思うので、まずは借金を作らない計画的なお金の使い方をする事が大事だと思います。

広告